Huawei Watchを使って2週間過ごしてみた

こんばんは、中の人あつです。

Huawei Watchが届いて約2週間が経ちました。

新ガジェットを手に入れたら心躍っていそうなものですが、今までmoto360を使用していたこともあり目新しいものはそれほど有りません。

しいて言えば、「スピーカーが付いてるから腕時計で電話が出来るよ!でも会話は周りに丸聴こえだよ!」の機能が追加された程度です。

まぁ、AndroidスマホからAndroidスマホに機種変更した程度の嬉しさといったところでしょうか。

2016080301

Huawei Watchに関してmoto360と比較して欠点のあれこれを書きまくってやろうか!とも思っていたのですが、良いところばかりです。

バッテリーは朝8時から夜8時頃まで一日酷に使用しても50%程度は残っています。moto360だったらバッテリー切れでパワーアンクルになっていますわ。

画面は常時時計が表示されているのでクイックイッと手首を捻って時計を起こしてやる必要もありません。moto360だったら画面が消える度に何発もコークスクリューパンチをおみまいしているところです。

使い勝手も無難にまとめられていますね。早速ベルトを交換してみたのですがmoto360とは違って取付幅18mmの汎用品をそのまま付けられるので気分に合わせてササッとベルトを変えることも可能です。

今回はコーヒー色の本革ベルトを選んでみました。

2016080302

竜頭の位置もmoto360(2nd)と同じように右上側に付いています。moto360(初代)の時は手を着くと手の甲にボタンがめり込んだりしたものですが、そのような事態も発生しません。

見た目本当に普通の時計ですよ。既に廃れはじめているApple Watchの様に「オレオレ!デジタルだぜぇ!」な雰囲気がまったくありません。もちろんWatchフェイスを変更することも出来ますので、スマートウォッチを使ってるよとアピールすることも可能ですけどね。

一日バッテリー切れを気にせずに、普通に時計で時間を見て、通知が来たら確認して、たまに「OK!Google!」と言ってみたり、、、。

Huawei Watchはmoto360(初代)とは違って、普通に身に着けて当たり前に使えるガジェットなんだなぁと実感しました。現在のAndroid Wearの中ではベストバイです。

あとはポケモンGOがAndroid Wearに対応するのを待つだけですね。

スポンサーリンク