今さらながらNikon D7200を購入しました

こんばんは、中の人あつです。

最近物欲を抑えすぎていて、とうとう爆発してしまいました。一眼レフをNikonのD5300からD7200へと買い替えてしまいました。

ええ、既に新型D7500が発売されて底値になった頃合いのD7200です。

新品の売り尽くしセールに乗り遅れた私はメーカー保証残有りの中古品を探してゲットです。

買い替えのきっかけは、毎年訪れている「岩国基地 フレンドシップデー」で戦闘機をもっとカッチリ撮影したい!と思ったからです。

まずはレンズを買い増してみたんです。

こんばんは、中の人あつです。 我ながらどうかしてたんだと思います。ええ、なにかとストレスが溜まってる時の深夜帯にネットショッピングを徘徊す...

”シグマ AF APO50-500 DG OS F4.5-6.3 HSM”は購入して大正解でした。レンズ一本付けっ放しで航空祭撮影を満喫する事が出来ます。

D5300 シグマ50-500mmで撮影

D5300 シグマ50-500mmで撮影

”シグマ AF APO50-500 DG OS F4.5-6.3 HSM”を付けたD5300でも十分撮れてますが、いまいち納得できる絵にならんのですよ。

狭いフレーム内を飛び回る戦闘機をもう少し早く広くAFで捉え続けてピンボケ写真が減ってくれないかなぁと・・・

そこで自分の撮影スキルは棚上げして道具を買い替えようと思うのが物欲道の正しい方向性です。D5300より動体追従機能が優れていると言われるD7200に買い替えてしまえ!となるわけです。

なぜD7500にしなかったの?と思われるでしょう。

AFの動体追従能力はD7200よりも向上しているそうで、戦闘機撮りには最適かと思われます。グループエリアAFは良さそうですよねぇ。

ニコンのDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「D7500」の製品ページ。I AM 興奮を分かち合うカメラ、レンズ、アクセサリーなどの製品特長、主な仕様、撮影サンプル、関連製品に関する情報も。

Bluetoothでスマホと接続できるSnapBridgeも便利そうです。

ニコンのソフトウェア「SnapBridgeアプリ」の製品ページ。カメラ、レンズ、アクセサリーなどの製品特長、主な仕様、撮影サンプル、関連製品に関する情報も。

D5300では本体に内蔵されていたGPSですが最近のNikon機では省かれています。時刻が常に正確だったり撮影場所がExifに記録されたりと何気に便利だったんですけどね。SnapBridgeではスマホと接続することで時刻やGPS情報を取得できるようで、GPSの代替に使えそうです。

でもD7500は実売13万円前後とまだまだ高値で、D7200と5万円以上の価格差が有ったんですよ。とても貧乏サラリーマンが小遣いからスパっと捻出出来る金額じゃありません。

いつかはD7500

「キタムラやマップカメラで無金利60回分割払いがあるじゃない」そう思われる方々もいらっしゃるかもしれません。

ええ、一度は検討しました。D7500どころかD500でもいったろか!とも妄想しました。

しかし、嫁バレしたときの恐怖感は耐え難いものがあったのですよ。分割払い手続きの際に郵送されてくる「口座振替申込用紙」と「支払いスケジュール案内」の2通は絶対嫁の目に留まります。2回も追及の手を逃れる自信はありませんでした。

さてさて、D7200を購入してボディだけ入れ替えて済むような物欲は持っておりません。

あれやこれやと買い足していく果てしない物欲道が始まったのです。

ではまたの機会に・・・

スポンサーリンク